「BAR ル・ヴェール」の佇まい -マナーとルールとカクテルと-

SKU: 525
「BAR ル・ヴェール」の佇まい -マナーとルールとカクテルと-

「BAR ル・ヴェール」の佇まい -マナーとルールとカクテルと-

SKU: 525
No reviews
通常価格 ¥2,200 [税込]
/
  • 在庫僅少 - 残り7個
  • 在庫の確認中
税込み 送料はご購入手続き時に計算されます。
ドレスコードがある街のバー
帝国ホテルで23年、銀座で独立し12年、故郷の秋田に移り8年。様々な客の姿を見続けてきたバーテンダー 佐藤謙一氏が、バーにおけるマナーとルールについて書き下ろした指南書とも言える一冊。「多く人が集まる公共の場には必ずマナーとルールがあり、バーもその例外ではない」と語る佐藤氏の店の入り口には、ドアを引く手が思わず止まる看板が掲げられています。(現在、BAR ル・ヴェールは佐藤謙一氏の最後の弟子である伊藤秀晃氏が継承しています。)

“当店には男女ともにドレス・コードのルールがあります”の文字が。街のバーにドレス・コードを設ける意味とは、紳士淑女が集う大人の社交場にあるべき姿とは・・・。それについて、著者の佐藤氏は次のように説明しています。
私がドレス・コードに拘るのは、酔う為に飲む酒でなく、己を律することで酒を心豊かに愉しんで戴きたいと思うことからです。ル・ヴェールのお客様達がドレス・コードを遵守して愉しんでいる場に、ドレス・コードにそぐわない服装で来店するお客様がおりますと、店内の雰囲気が異様に変わってしまいますし、お客様達もそんな店じゃない筈と、その空気感と違和感で困惑するでしょう。  勿論、その様なお客様には事由を伝えてお帰り戴きますが、ドレス・コードがあることを理解されてご来店くださるお客様方に、不愉快な思いをさせたくないために、またご常連客を守るためにも、ドレス・コードは必要不可欠なのです。(本文抜粋)
バーを利用する側として少し耳の痛い話もありますが、“バーでの暗黙のルールを理解し、楽しい時間を過ごしてもらいたい”という著者の深い愛情が詰まった一冊です。

また、『酒の注文について』の章では、【こんな注文をする人は、来店戴かなくても結構】と題し、次のようなマナーを挙げています。

  • 「何でもいいよ」「適当に出してくれれば良いよ」
  • 「私のイメージでつくって」
  • 「このお店のお勧めは何ですか」
さらに、『カウンターでしてはいけない事』として、次のようなマナーも説いています。

  • 注文したら、カクテルが出される前に席を立たない
  • 飲み物を作っているバーテンダーに、話しかけない
  • 美味しい? 不味い? などと言い合うな
  • 乾杯で、グラスを合わせない
  • バーで寝るな
  • カウンターには、手以外は置かぬこと
  • バーの備品は、勝手に触らない

などなど、この見出しを見て思い当たる節がある人も多いのではないでしょうか。ついやってしまいがちですが、こられらのルールには納得の理由がありました。オーセンティックバーをスマートに楽しむ心得として、一読する価値ありの指南書です。

バーテンダーとして50年間カウンターに立ち、様々な客の姿を見続けてきた重鎮、佐藤謙一氏が、バーにおけるマナーとルールについて書き下ろした指南書とも言うべき冊。“バーでの暗黙のルールを理解し、楽しい時間を過ごしてもらいたい”という著者の深い愛情が詰まった一冊です。

  • 著者:佐藤謙一
  • 単行本:168ページ
  • サイズ:18.4 x 14.8 x 1.4 cm
  • 出版:株式会社北澤企画事務所

※本書は書店での販売は行っておりません。


このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。