寄り道しよう。to the BAR in KOBE 2023

神戸の街とバーの魅力を再発見するキャンペーン「寄り道しよう。to the BAR in KOBE 2023」実施

サントリーホールディングス株式会社

サントリー株式会社は、「ウイスキーハーバー」、「オフィスITTETSU」などと協力し、「寄り道しよう。to the BAR in KOBE 2023」キャンペーンを11月27日(月)から12月17日(日)まで実施します(後援:神戸市)。このキャンペーンは、神戸市内とその周辺地域の100店舗以上のバーが参加し、お客様にバーを巡っていただくことで、神戸の街とバーの魅力を再発見していただくものです。期間中、参加店舗にご来店いただきスタンプを集めると、来店店舗数に応じて、成田一徹さんのオリジナル切り絵グッズなど、素敵なプレゼントがもれなくもらえます。

 神戸は諸外国との交流の地という歴史があり、バーやジャズなどのナイトタイムコンテンツが発展してきた街です。老舗のバーも多くあり、日本の洋酒文化発展の一翼を担ってきました。夜の街に賑わいが戻ってきたいま、このキャンペーンをきっかけに、多くの方に神戸の魅力的なバーへ「寄り道」をしていただきたいと思います。

キャンペーンのキービジュアルには、神戸出身の切り絵作家で、自身もバーをこよなく愛した成田一徹さんの作品を起用。バー風景の切り絵を活用したグラフィック広告を主要バス停に掲示するなど、成田さんの世界観で神戸の街中をジャックします。また、本キャンペーンは、神戸市からも後援をいただき、神戸のバー文化とナイトタイムエコノミーを街全体で盛り上げます。

神戸市長 久元喜造氏のコメント

コロナ禍以降、徐々に神戸の夜の街も賑わいを取り戻しつつありますが、以前に比べると回復したとはいえず、お客さんが少ないから店が早じまいし、遅くまであいている店がないからお客さんが減るという悪循環に陥っているようなイメージがあります。神戸市としてもナイトタイムエコノミーに対する課題については様々な取り組みをはじめていますが、都市のにぎわいを生む要素としては昼、夜問わず街の回遊性が重要だと考えています。

成田一徹さんの切り絵に象徴される神戸のBAR文化が盛り上がり、ナイトタイムの活性化につながるキャンペーンとなることを期待しています。

 

キャンペーン期間

2023年11月27日(月)から12月17日(日)

キャンペーン内容

期間中に、公式ウェブページの「神戸バーマップ」に掲載された参加店舗にご来店いただきスタンプを集めると、来店店舗数に応じて以下のプレゼントがもれなくもらえます。

  • スタンプ3個:成田一徹さん切り絵グッズセット(トートバッグ/手ぬぐい)
  • スタンプ5個:ウイスキーの樽材を用いた名入れボールペン

参加方法

  1. キャンペーンページに登録]キャンペーンに参加するためには、公式ウェブページ内にあるキャンペーンサイトにアクセスして登録してください。
  2. QRコードを読み込む]参加店舗にご来店いただき、各お店にあるPOPに掲載された二次元バーコードを読み込み、スタンプを獲得します。
  3. スタンプを集める]複数の店舗に行ってスタンプを集めると、スタンプ数(来店店舗数)に応じてもれなく景品がもらえます。

公式ウェブページ:https://www.suntory.co.jp/whisky/tothebar2023/

参加店舗など詳細については公式ウェブページをご覧ください

キャンペーン実行委員会

サントリー株式会社(本社:東京都港区)、ウイスキーハーバー※、オフィスITTETSU、神戸新聞社

※ウイスキーハーバーについて

神戸を中心としたバーテンダー有志で結成され、ウイスキーとバー、そして海外の文化をいち早く取り入れた街、神戸の魅力を存分に楽しんでいただくことを目的に活動。2023年4月には大規模ウイスキーイベント「WHISKY HARBOUR KOBE」を開催。

切り絵作家 成田一徹さん

神戸市兵庫区生まれ。30歳ごろ、神戸市の外郭団体に勤務しながら二足の草鞋(わらじ)で画業をスタート。1988年に切り絵作家として独立、上京後は神戸との二拠点生活で、酒場やバー、市井に暮らす人々を切り絵にし、文章を添えることをライフワークとした。

以降、雑誌のほか新聞各紙でも連載をもち、約30年の画業で多くの著書をのこした。特にバー作品をまとめた書籍は、酒場好きの間でバイブルに。2012年10月14日、突如として帰らぬ人に(享年63歳)。没後に発行された美術全集のような趣のバー切り絵作品集『NARITA ITTETSU to the BAR』(神戸新聞総合出版センター=現在は絶版。全面改訂版がBAR TIMES〈北澤企画〉から刊行中)は、画業の集大成となった。

お問い合わせ先:サントリーキャンペーン事務局 / TEL.0120-611-110(無料・オペレーター対応)受付時間/9:30~17:30(土・日・祝日及び夏季休業・年末年始休業期間を除く)


BAR TIMES からお知らせ

BAR TIMES STORE では、切り絵作家 成田一徹さんの作品集『NARITA ITTETSU to the BAR』完全改訂版[発行:BAR TIMES]を販売しております。

バーの素晴らしさを再確認できる一冊

『NARITA ITTETSU to the BAR』完全改訂版

『NARITA ITTETSU to the BAR』完全改訂版

『NARITA ITTETSU to the BAR』完全改訂版

通常価格 ¥2,970 [税込]
/
  • 著者:成田一徹
  • 収録作品:271点
  • サイズ:257×200mm
  • 単行本:260ページ
  • 発行元:株式会社北澤企画事務所
税込み 送料はご購入手続き時に計算されます。

『NARITA ITTETSU to the BAR』完全改訂版にお寄せいただいたコメント

太田和彦氏

グラフィックデザイナー/作家

成田さんの切り絵を世界に類のない表現と尊敬し、バー仲間でもあった私は、氏の没後に作品集制作の依頼を受けて使命感をもち、決定版にしようとした。大きな版型、ハードカバー、ゆったりと、しかし網羅した作品構成、付随資料の精度。考えたのは、成田さんの厳しく洗練された白黒だけの世界ゆえ、本も白黒だけ、グレーも使わないことだった。でき上がったものは満足できたが、成田さんへのプレゼントのつもりで、真っ赤なトレーシングペーパーの帯を巻いて、紅一点を添えた。このたびソフトカバーで再刊されるのはたいへんうれしい。

輿水精一氏

サントリー株式会社名誉チーフブレンダー

突然の訃報に接してから早くも8年が経ちました。同じ昭和24年生まれ、しばしば酒席を共にした身として、いまだにどこかのバーのカウンターでひょっこりお目にかかれるのではという気がしてなりません。そんな思いに駆られるのも、自宅に飾られている切り絵のせいでしょうか、全国各地のバーで成田さんの切り絵に遭遇するからでしょうか。そこには名店が醸し出す心地よい緊張感と安らぎ、ゆるやかに流れる時間、そして極上の一杯があります。作品がある限り成田さんは永遠に生き続けることでしょう。このたびの『NARITA ITTETSU to the Bar』完全改訂増補版を片手に、もう一度成田さんと一杯やるのが待たれてなりません。

城アラキ氏

成田一徹さんの『NARITA ITTETSU to the BAR』再版(完全改訂増補版)が発売される。成田さん没後、閉店したバーも多く時の流れを感じる。「今度一緒に」と約束していた神戸のバーも今はない。しかし店は閉まってもバーテンダーの師弟関係は脈々と続いている。そんなことに思いをはせ、この本を開いて傾ける一杯は至福の時間だ。

著者紹介

成田一徹(なりた いってつ)

『NARITA ITTETSU to the BAR』完全改訂版
¥2,970
「BAR ル・ヴェール」の佇まい -マナーとルールとカクテルと-
¥2,200
伝燈り(あかり)第2号
¥550
伝燈り(あかり)
¥770
カクテル パーフェクト・ガイド
¥3,190